相互RSS


【衝撃】そんな事ってある⁈養鶏業者が廃棄した卵がとんでもないことに……….wwwwwww【動画あり】

egg1

 カスピ海と黒海にはさまれた国・ジョージアグルジア)のマルネウリ市郊外で、生命の力強さを感じさせるハプニングが起こったようだ。

 舞台となったのは、太陽がさんさんと照りつけるゴミ処理場。地元の養鶏業者がここに腐った卵を何百個も捨てた。

 ところが、実はそれらの卵は腐っていなかったのだ。いい感じで温められた卵はどうなったのかというと・・・?

―あわせて読みたい―

マジなのネタなの?暑すぎてトラックに積んでおいた卵が孵化した件(中国)

小さなお目目が一斉にウニョウニョ。孵化直前のクマノミの卵(※大量つぶつぶ注意)

猫が卵から産まれてきただとぅ?かわいすぎる子猫の孵化シーンが今ここに

ヒナかわいい、凄くかわいい。孵化したてのホヤホヤな赤ちゃんたち25選

手のひらに芽生えた小さな命。庭で拾った卵を孵化させてみた


ゴミ処理場を埋め尽くすヒヨコの大群

Chicks hatched after throwing the eggs at the garbage dump

 地元のフェイスブック民が撮影した動画を見ると、本来であればゴミで埋め尽くされているはずのゴミ処理場が何百匹ものヒヨコで埋め尽くされている。

 太陽の熱で温められた何百個もの卵が孵化して、ゴミ処理場はヒヨコ王国さながらの状態だ。

 ヒヨコたちは母親を探しているのかピヨピヨと盛んに鳴いている。また動画には積み上がった卵も映っており、あれが全部孵化したのかと驚くばかりだ。

egg2

地元民によりほとんどのヒヨコが捕獲される

 この事態を受けてティムール・アバゾフ市長は記者会見を開き、

養鶏業者は卵が腐敗していると考え、大量に廃棄したようだ。しかし岩と太陽がちょうどいい環境を生み、まるでメンドリが卵を温めるかのような状況になったのだろう

と語った。

 ヒヨコたちがどうなったのかその後が気になるところだけれど、どうやらほとんどのヒヨコは地元民に捕獲されたようだ。

egg3

 アバゾフ市長によると「家に持ち帰られ、もうすぐ食卓にならぶだろう」とのこと。

 思わぬ始まりから、思わぬ終わりへとつながったわけだけれども、生れたヒヨコの中にはオンドリもメンドリもいただろう。

 なかにはペットとして末永く飼われたり、卵をとるために生きながらえた子もいるかもしれない。

References:Tabula / Oddity central / Facebook / YouTubeなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52261106.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

例えその身が焼かれようとも、炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫の物語(アメリカ)

セント・バーナード の顔面をいじりいじりする子猫だったが、片手で軽くホールド

どこに行くにもいっしょだよ!大好きなウサギのぬいぐるみを放さない猫

子供に介助犬を撫でさせたかった母親。それを断られてブチ切れ、口喧嘩がエスカレート(アメリカ)

「たくさん怒ってる?ちょっと怒ってる?」動物病院帰りのハスキーの表情が読み取れない飼い主

―知るの紹介記事―

オンリーアメリカ感がすごい。オハイオ州の大学にはベーコンの自動販売機がある(トリビア?)

例えその身が焼かれようとも、炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫の物語(アメリカ)

血液から採取したDNAで体年齢を把握。健康な100歳以上の人は20代のDNA配列に似ている(英・伊共同研究)

洞窟の崖に埋まるように建てられた13世紀のトリッキーな城「プレッドヤマ城」(スロベニア)

3Dプリンターで作る植物性タンパク質が原料のベジステーキが誕生(スペイン)

https://platform.twitter.com/widgets.js

養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)

(出典 news.nicovideo.jp)

ビックリだね〜wwwww

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!