相互RSS


「怪我を目的とした指示はしていない」加害選手の説明と相違も…アメフト悪質タックル問題で内田前監督と井上コーチが会見 – AbemaTIMES

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、23日夜、日本大学の内田正人前監督と井上奨コーチが緊急会見を開いた。 冒頭、内田元監督と井上コーチは怪我をした選手と家族、関西学院大学アメフト部の関係者、そしてきのう記者会見を開いた宮川泰介選手にそれぞれ謝罪。その上で記者からの質疑に答える形で会見が進行した。■「潰してこい」内田元監督の指示を否定 きのう…全文読む
Source: BLOGOS