相互RSS


あきらかになり始めた日大アメフト部の病 – 大西宏

昨年は学生アメフト日本一を決める甲子園ボウルで日大フェニックスが関学ファイターズを下し全日本学生トップの座を射止めました。しかし、今回の危険タックル問題で明らかになりつつあるのは、日大フェニックスが内田前監督のまるでカルトそのものの指導方法が生んだ病に侵されはじめていたということです。そこで指導方法にどんな問題があったかを考えてみました。第一は、「潰せ」という指示を物語るように、監督やコーチの宮川…全文読む
Source: BLOGOS