相互RSS


「何でも反対」「何でも賛成」の国会を変えるために – 玉木雄一郎

■会期末をめぐる攻防の原因国会も終盤に入り、緊迫感が増してきています。ただ、この緊迫感は、「会期不継続原則」を採用していることによって生み出されているものです。現在の国会法は、「会期中に議決に至らなかった案件は後会に継続しない」と定められており、会期内に議決されなかった法律案は、継続審議の手続きを行わない限り、審議未了で廃案となります。ですから、一年中国会を開くこと(通年国会)にして、会期制をやめ…全文読む
Source: BLOGOS