相互RSS


栗城史多さんと旧知の登山家「彼は登山家ではなく、山を対象とした表現者だった」 ウーマン村本、古市憲寿氏も追悼 – AbemaTIMES

21日午後、8度目のエベレスト挑戦中だった登山家・栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)が亡くなったことがわかった。 1982年、北海道生まれ。身長162cm、世界に挑戦し続けた小さな登山家の物語が始まったのは2004年のこと。登山歴はわずか2年、初の海外渡航で無謀とも思える北米大陸最高峰のマッキンリーに挑み登頂に成功。翌年1月には南米大陸最高峰のアコンカグア、その4か月後にはヨーロッパ大陸最高…全文読む
Source: BLOGOS