相互RSS


米国務長官、「史上最強の」対イラン制裁示唆 ウラン濃縮完全停止など要求 – ロイター

[ワシントン 21日 ロイター] – ポンペオ米国務長官は21日、イランが核プログラムの放棄を含む米国の要請を受け入れなければ、米国は同国に対し「史上最強」の制裁措置を導入する可能性があると述べた。 米国は2015年のイラン核合意からの離脱を表明しているが、ポンペオ長官は就任後初めての外交政策を巡る講演で、イランに対する厳しい対応を表明。「イランが容認不能で、かつ非生産的な軌道を変えない限り、一連…全文読む
Source: BLOGOS