相互RSS


焦点:建設業で進むAIロボ導入、高コスト壁 25年に雇用3割減も   – ロイター

[東京 21日 ロイター] – 日本の人手不足の「最前線」とも言える建設業界で、画期的なロボット開発が相次いで進んでいる。AI(人工知能)を駆使し、人手ゼロの現場も出てきた。だが、製造業とは異なる厳しい作業現場を自動化するには、長い時間とコストがかかり、生産性の上昇や労働コストの圧縮はなかなか進まない。このままでは2025年に3割超の雇用が減少し、人手面から建設量を維持できないという「最悪の事態」…全文読む
Source: BLOGOS