相互RSS


「成年」なのに「成人」ではない-18歳成年の矛盾 – 階猛

衆院法務委員会では、成年年齢を18歳に引き下げる民法改正案の審議が行われています。この法案について、多くのマスコミは「成人」年齢の引下げと報じていますが、正しくは「成年」年齢です。私もつい最近まで、「成人」と「成年」を同じ意味で使っていました。 16日の質疑でこのことを法務大臣に確認したところ、「成年と成人がイコールかは、一概に言えない」との答弁。そこで、「(成年年齢が18歳になっても、)成人式は…全文読む
Source: BLOGOS