相互RSS


風営法「再」改正論議の作法 – 木曽崇

さて、先のエントリにおいては最近何かと話題の亀石倫子弁護士による風営法解釈に関する間違いを指摘しました。この亀石倫子さん、先にご紹介した以外にも風営法関連で非常に微妙な発言を繰り返しておりまして、例えばこんなことも仰っているワケです。よくなってはないです。クラブが改正前の「ダンス営業」にあたるかどうか争われたNOON裁判で、あたらないと判断され最高裁で無罪確定。クラブは風営法の許可を取らずに営業で…全文読む
Source: BLOGOS