相互RSS


【調査】普段の生活や仕事でどちらを使いたいか? 「元号を使いたい」50%…「西暦を使いたい」48%-読売新聞

有効期限「平成34年」? 運転免許証を更新したら… 絶対に来ない未来の記載あれこれ
…年8月、有効期限を西暦で表示するため、道交法施行規則の改正案を公表した。有効期限以外は引き続き元号が使われる。 警察庁によると、西暦への変更と改元とは…
(出典:兵庫(神戸新聞NEXT))

(出典 lh3.googleusercontent.com)
調査の結果、年代が若いほど「西暦」、年代が高いほど「元号」を使いたい。
この結果に納得。

1 ばーど ★ :2018/11/28(水) 00:46:56.61

 読売新聞社が実施した平成時代に関する全国世論調査(郵送方式)で、ふだんの生活や仕事で元号と西暦のどちらを使いたいか尋ねると、「元号を使いたい」50%と「西暦を使いたい」48%が拮抗きっこうした。

 年代別にみると、40歳代以下は「西暦」が多く、50~60歳代は「元号」と「西暦」がほぼ同じ割合。70歳以上では「元号」が6割を超え、年代による意識の差が大きかった。

 調査方法が異なるため、単純比較はできないが、平成に改元した直後の1989年1月調査(面接方式)では、全体で「元号」が64%、「西暦」が28%だった。平成の30年間で、元号と西暦を巡る意識が変化したことがうかがえる。

 今回調査で、天皇陛下に親しみを「感じている」と答えた人は81%。平成時代を通じ、皇室と国民の距離が近くなったと思う人も77%と高い割合を示した。

(ここまで364文字 / 残り143文字)

2018年11月27日 23時10分
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181127-OYT1T50116.html

続きを読む

Source: ニュースYeah