相互RSS


【刺青】お国柄!?理解困難、海外なら普通 日本でタトゥーはタブーなのか 

有料 (フォーラム)タトゥーはタブー?
…ました。一方、タトゥーの彫り師が医師法違反の罪に問われた裁判で、大阪高裁は今月、逆転無罪の判決を下しました。反響を紹介しつつ、タトゥーについて改めて考…
(出典:社会(朝日新聞デジタル))
タトゥー 入れ墨・刺青 t.A.T.u. – ロシアの音楽グループ 『タトゥー』 (映画) – ドイツの映画 「TATTOO」 (中森明菜の曲) – 中森明菜のシングル 「TATTOO」 (TRICERATOPSの曲) – TRICERATOPSのシングル 「TATTOO」 (12012の曲) –
676バイト (53 語) – 2018年6月11日 (月) 06:58

(出典 www.temptu.co.jp)
タトゥーについて。
(出典 Youtube)
タトゥーを入れるキッカケって何だろう。
日本では受け入れられないよね・・・

1 樽悶 ★ :2018/11/27(火) 18:48:04.98

タトゥーをめぐる近年の騒動

(出典 www.asahicom.jp)

亀石倫子(みちこ)弁護士

(出典 www.asahicom.jp)

 日本でタトゥー(刺青〈いれずみ〉)を入れるのはタブーなのか? タレントのりゅうちぇるさんをめぐる騒動を受けて9月に紙面で問題提起したところ、みなさんから多くの意見が寄せられました。一方、タトゥーの彫り師が医師法違反の罪に問われた裁判で、大阪高裁は今月、逆転無罪の判決を下しました。反響を紹介しつつ、タトゥーについて改めて考えます。

■否定から共存 少しずつ 彫り師の男性の主任弁護人・亀石倫子さん

※省略

■現実とリスク 知った上で判断を 除去手術をする吉種克之・東京イセアクリニック総院長

※省略

■理解困難・海外なら普通

 寄せられた声の半数超は「怖い」「不快」という否定的なものでしたが、当事者からも意見や体験が届きました。その一部を紹介します。

●「鮮やかな彫り物はヤクザ、威嚇している、脅している、怖いというイメージに直結します。子どもの頃に得た感覚で、入れ墨を入れるのは『激痛に耐えた人』として、ヤクザとして箔(はく)がつくものなのだと思っています。今は技術が進歩して昔ほど痛くないのか? もし、一般人が激痛に耐えて入れているのだとしたら、その異常さがちょっと理解できないことから、異質なものを見る目になってしまいます。何となく気楽そうに入れている外国人のものを見ると、『本当の入れ墨?それともシール?』と、そこもすごく疑問です。一生消せないものなのか、シールみたいな気楽なものなのか、なんとも実態がよくわからないものなのです」(神奈川県・50代女性)

●「子ども4人と夫の6人家族です。結婚して長男を産んだときに、左腕にひらがなでその子の名前を彫りました。昔から刺青に興味があったし、子どもを大切にしようという思いも込めました。4人目の出産まで、同じように彫りました。困ったのは子どものプールです。いまのようなラッシュガードがなかった頃は、Tシャツを着て入っていました。スーパー銭湯のようなところでは、1回だけ入浴を断られたことがあります。友達で離れていく人はいませんでしたが、パートをしていた会社では、着替えの時にほかの社員に見つかって、社長から解雇を言い渡されました。さすがに抵抗しましたが、日本ではまだまだ仕方がないかな、とも思います。いままでは任俠(にんきょう)の人が入れてきた、という風潮がありましたので。私自身は、見た目はぽっちゃりした普通のおばちゃん。刺青を入れているようには見えないはずです。いま4番目の子どもが公務員になるという話が出ているので、知られたらやばいかな、とも思い始めています。もし不利になるようなら消すつもりです。刺青を入れるなら、この国ではまだ、その弊害も考えておいたほうがいいと思います」(群馬県・40代女性)

●「両腕や背中に大きめのタトゥーが入っています。デザインを学ぶために20歳でフランスに留学して、最初はお守りのつもりでした。その後デザイナーになり、仕事への覚悟を示したものや、亡き友人を思って入れたものもあります。向こうでは一度も不自由を感じたことはありませんでしたが、数年前に帰国してからは違います。レストランで席についた時、袖からはみ出たタトゥーを理由に追い出されたことがありました。店員の方は『決まりですので……』の一点張りでした。『ルールだから』と言うなら、なぜそうなのか、どんな意味があるのか、理由を教えてほしいのです。日本人は『こうあるべきだ』という価値観に取りつかれているように感じます。海外で入場拒否をする施設があれば、人権と差別の問題になります。グローバル化のなか、国際レベルで人権を考え直す時期を迎えているのではないでしょうか? 増え続ける外国人観光客、ラグビーW杯や東京オリンピックなどで日本を訪れる選手や観客が日本人のおもてなしを満喫し、人を見かけで判断しない、偏見のない日本のイメージを世界に広げてもらえることを期待しています。タトゥーの入っている人も、そうでない人も、自然に生活できる日本になることを願っています」(東京都・50代男性)

(続きはソース)

朝日新聞デジタル 2018年11月26日09時30分
https://www.asahi.com/articles/ASLC67W5CLC6UTIL05Z.html

★1:2018/11/26(月) 23:34:49.92
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543306967/

続きを読む

Source: ニュースYeah