相互RSS


ゴーン容疑者 「報酬の一部を退任後に受け取るのは、支払いが確定していないので違法ではない」

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/11/27(火) 07:50:58.25 ID:8aKM/umG0.net
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の役員報酬を巡る有価証券報告書の虚偽記載事件で、
ゴーン容疑者が東京地検特捜部の調べに対し、高額報酬への批判を懸念し、
報酬の一部を役員退任後に受け取ることにしたことなど、事実関係を認める供述をしていることが関係者の話でわかった。

ただ、「退任後の支払いが確定していたわけではなく、報告書への記載義務はなかった」と逮捕容疑は否認しているという。

 同社前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)も調べに対し、同様の説明をした上で、容疑を否認している。

 ゴーン容疑者はケリー容疑者と共謀し、
2011年3月期~15年3月期の5年分の役員報酬を約50億円過少に有価証券報告書に記載したとして金融商品取引法違反容疑で逮捕された。

退任後報酬認めたゴーン容疑者「違法ではない」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181126-OYT1T50109.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543272658/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ