相互RSS


【悲報】「ベッキーアレルギー」が原因で脱ぐしかない!?

ベッキー (1984年3月6日 – )は、日本のタレント、女優、歌手である。神奈川県出身。サンミュージックプロダクション所属。AB型。 亜細亜大学経営学部卒業。歌手での名義は「ベッキー♪♯」である。 母親が日本人で父親がイギリス人のハーフである。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディションで審査
35キロバイト (3,365 語) – 2018年10月23日 (火) 17:14

(出典 www.tv-tokyo.co.jp)
酔っ払いベッキー
(出典 Youtube)
動画は「酔っ払いベッキー」の映像をUPしました🌸

1 Egg ★ :2018/11/26(月) 15:23:01.49 ID:CAP_USER9.net

斎藤工主演の映画「麻雀放浪記2020」(来年4月5日公開)の追加キャストとしてタレントのベッキーが発表されたが、“この映画がコケればベッキーは脱ぐしかなくなる”との見方がもっぱらだ。

 同作は阿佐田哲也氏の小説を映画化したもので、1984年にも一度映画化。現在も原作を元にした漫画版が「近代麻雀」で連載される人気作だ。今回、ベッキーは麻雀クラブのママの「ゆき」役として登場するという。

「斎藤の人気は言うまでもなく、追加キャスティングでは竹中直人も発表されており、製作側の力の入れようがわかります。そうした中、ベッキーの抜擢はある意味“賭け”だったのではないでしょうか。ゆきは、斎藤が演じる主人公・坊や哲が麻雀に打ち込むきっかけを作る重要な役どころ。本人は撮影にあたり『試行錯誤しながら演じさせていただきました』とコメントしているが、どんな演技をするのか見ものです」(映画ライター)

 しかし、このキャスティングが発表されるや、ネット上には即座に〈ベッキー出てるなら観ない〉〈ベッキー出るなら大コケ間違いなし〉といった声が上がったのだ。

「あの“ゲス不貞”騒動から3年近く経っても世間の“ベッキーアレルギー”は根強く残っている。バラエティー番組のレギュラーはいまだゼロのため、今度は演技でと、ドラマ『くノ一忍法帖』(BSジャパン)で主演を務めましたが、話題になったのは最初だけ。今回は久々の映画出演となりますが、もし本当に客入りがコケればベッキーの責任論が噴出しかねない。バラエティーも演技もダメとなると、今度こそ脱ぐしかなくなりますよ」(芸能記者)

 ベッキーのギリギリの状態は続きそうだ。

アサ芸プラス2018年11月26日09時59分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_116385/

写真

(出典 jprime.ismcdn.jp)

//rot3.a8.net/jsa/ed0737433918e2d1cc8fa636010eabfd/af032fbcb07ffc7bd2569d86ae4ce1f5.js
//rot7.a8.net/jsa/ed0737433918e2d1cc8fa636010eabfd/73f7634ab3f381fb40995f93740b3f8a.js
続きを読む

Source: 芸能さくらch