相互RSS


【驚愕】インドネシアで死んだクジラの胃からとんでもない物が出てきてしまう・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/11/22(木) 12:38:50.15 ID:P/1Qr5cA0.net
インドネシアで発見されたマッコウクジラの死骸の胃から、プラスチック製のカップ115個と
ポリ袋25袋など、6キロ近くのプラスチックごみが見つかった。同国のごみ問題が
浮き彫りになった形となり、環境保護運動家らの間では懸念が高まっている。
19日に発見された全長9.5メートルのクジラは、東南スラウェシ(Southeast Sulawesi)州に
あるワカトビ(Wakatobi)国立公園の海岸に打ち上げられた。その死骸からは6キロ近くの
プラスチックごみが見つかった。
21日にAFPの取材に応じたワカトビの観光当局幹部によると、ビーチサンダルや裂けた
防水シートなども見つかったという。
世界自然保護基金(WWF)のインドネシア支部はソーシャルメディアで、同支部の職員が
プラスチック製の袋やカップの他、ペットボトル4本とヤシの繊維でつくられた
3.26キロの綱も発見したと明らかにした。
クジラの死因は正確には分かっていないが、同支部で海洋生物保護を担当する
ドゥウィ・スプラティ(Dwi Suprapti)氏はAFPに対し、「プラスチックごみが死を招いた可能性がある」と
述べた。
インドネシアは中国に次ぐ世界第2位の海洋ごみ排出国で、毎年129万トンという
膨大な量のごみが排出されると推算されている。20日撮影。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00010000-afpbbnewsv-int

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542857930/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ