相互RSS


日本の潜水艦「おうりゅう」が世界に先駆けリチウムイオン電池を搭載 バッテリー稼働の時代

1:■忍法帖【Lv=7,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2018/11/21(水)21:33:17 ID:???

先月初め、三菱重工神戸造船所で、海上自衛隊の最新鋭通常型潜水艦「おうりゅう」が進水した。
2005年から三菱重工と川崎重工が建造する「そうりゅう型」の11番鑑という位置づけだが、世界で
初めてリチウムイオンバッテリーを搭載したことで巡航速度、航続距離、連続潜水時間などが大幅に
アップしており、事実上の次世代鑑だと見る向きも多い。

原子力を使わない通常型潜水艦は、静音性が求められる戦闘時や作戦行動の際には、エンジンを止めて電力
のみで行動する。平時にはディーゼルエンジンを回し、その際に充電を行うというハイブリッド車に近いシステムだ。
「おうりゅう」までの世界の通常型潜水艦は、100年前の第1次世界大戦の時代から受け継がれてきた鉛蓄電池を
用いてきたが、現代の潜水艦の活動にはその性能が見合わなくなってきている。
そのため、「そうりゅう型」では、補助動力装置を用いた非大気依存推進(AIP)システムで鉛蓄電池の性能不足を補ってきた。

AIPでも画期的な性能向上が果たされたが、スターリングエンジンという補助動力装置をメインエンジンと別に
搭載するなど、重量・船体容積の増加を余儀なくされることや、システムの複雑化というデメリットもあった。
リチウムイオンバッテリーを搭載した「おうりゅう」は、それだけで鉛蓄電池の約2倍の蓄電量と充電時間の大幅短縮、
1.5倍以上の繰り返し充放電回数などを実現したため、AIPは廃止された。今後世界で開発される潜水艦も
「おうりゅう」のシステムを踏襲することになる可能性が高い。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00010009-newsweek-int

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 88◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542336884/

2:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/21(水)21:35:06 ID:4Kl

<`∀´> ウリ達ならギャラクシーで培った技術でもっと優秀なバッテリーを作れるニダ

11:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/21(水)22:23:29 ID:jFv

>>2
こちらはまだ何も攻撃していないのに轟沈・・・

3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/11/21(水)21:38:50 ID:lmq

踏襲といっても、様々なノウハウが必要で、ハイ置き換えましたでは済まないでしょうに。

4:ワルキューレ◆iYi…i.lI[sage]:2018/11/21(水)21:40:42 ID:72F

運用がまったく変わるから、完全に次世代の扱いになりますね
原潜でも可能なら充電/放電特性の素直な電池を積みたいでしょう

続きを読む

Source: 物見ニュース