相互RSS


【陸上自衛隊】陸自演習中の流れ弾が民家へ。滋賀県警から連絡を受けて国道付近への着弾に初めて気づき、訓練を中止。

国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損
国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損  毎日新聞
(出典:毎日新聞)
陸上自衛隊(りくじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの陸上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称陸自(りくじ)、英称 Japan Ground Self-Defense Force (JGSDF)。諸外国からは Japanese
61キロバイト (7,937 語) – 2018年10月12日 (金) 09:58

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)
陸自の迫撃砲の可能性 男性乗った車両に当たったか(18/11/14)
(出典 Youtube)
民家に着弾したのも大変な事態だが、警察から連絡入るまで気づかなかったのも怖い!

1 すらいむ ★ :2015/07/17(金) 00:40:11.88 ID:???*.net

陸自演習中の流れ弾が民家へ 陸上自衛隊・饗庭野演習場近く

 16日午後5時半ごろ、滋賀県高島市今津町保坂の住宅で、屋根と天井を貫通した銃弾
1発が2階の部屋に落ちているのに住人が気付き、県警高島署などに通報した。銃弾は、
この住宅の南東500メートルにある陸上自衛隊・饗庭野(あいばの)演習場で射撃訓練中に
発射された流れ弾だったことが、同署や陸自の調べで判明。同署は、訓練の方法に問題が
なかったかどうかなどを詳しく調べている。

 同署によると、銃弾は口径12ミリ、長さ6センチ。同日午後1時半ごろ、屋根の方から
「パシッ」という音がしたのを住人が聞いていたという。屋根瓦が割れ、天井に2センチ
ほどの穴が開いていた。

 住宅は2階建てで3人暮らし。3人にけがはなかった。

産経新聞 7月16日(木)23時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000633-san-soci

続きを読む

Source: ニュースYeah