相互RSS


パラオ大統領「脅迫では友人になれない」 中国政府の圧力を非難

1:■忍法帖【Lv=6,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2018/11/15(木)10:54:07 ID:???

2018年11月14日 19時00分

台湾を訪問中のパラオの大統領は13日、台北で開かれた記者会見で、中国共産党政府によるパラオや台湾に
向けられた圧力について「友好関係とは強要や脅しではなく相互に尊重することが重要だ」と述べた。
さらに中国政府は外交の原則を理解していないと非難した。

西太平洋の島国パラオは、日本とオーストラリアの中間に位置する。鹿児島県の屋久島ほどの面積で、人口は21万人。
パラオと国交を持つ国は米国、日本、台湾のみ。

トミー・レメンゲサウ大統領は11月10日から14日に台湾を訪問している。12日には台北市の総統府前広場で
歓迎式典が行われた。大統領は2016年、蔡英文総統の就任式典に出席して以来、複数回訪台し、良好な関係が続いている。

レメンゲサウ大統領は13日の記者会見で、中国は国際的な立場を示す会議や協議のなかで台湾を圧迫し、
他国との国交も断交させるよう圧力を掛けていると指摘した。

大統領は主権、人権、自由と民主主義がパラオの重要な価値観であると説明。相互の尊重は国の規模に
かかわらず外交政策においても重要だと強調した。

大統領は、台湾に対する中国からの圧力について「強迫で友人になることは難しい」と述べ、
友好関係は脅しでは決して成り立たないと語った。
さらに、パラオが掲げた相互尊重の原則は関係国と平和的に共存できる唯一の方法であり、
中国はこれを理解する必要があると述べた。

(以下略)

https://news.nifty.com/article/world/china/12241-124402/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 87◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540017034/

2:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/15(木)10:56:04 ID:nJZ

>友好関係は脅しでは決して成り立たない

大正論だと思う

5:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/11/15(木)11:51:06 ID:XDe

>>1
日本でも同じ事言ってくれ

マスゴミが取り上げるかどうか興味があるw

6:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/11/15(木)11:52:25 ID:wNX

沖縄がー、の左翼連中が引用しそうな話だな

続きを読む

Source: 物見ニュース