相互RSS


日米豪印戦略対話、「中国の野望」と地域安全保障問題を協議

1:◆ciadbU3kq9FF[sage]:2018/11/12(月)23:56:50 ID:UxA

第3回日米豪印戦略対話 (QUAD)が今週、シンガポールで
開かれる。インド紙Economic Timesが報じた。

同紙によると、対話は11~15日にかけてシンガポールで
開かれる東アジアサミットに合わせて行われる。

主なテーマは「インド太平洋で伸びゆく中国の野望」と地域
安全保障問題の文脈における東南アジア諸国連合(ASEAN)の
主導的役割になると見られる。
Economic Timesが指摘するところ、対話の参加者は次官補級の
対話を年2回行うことで一致した。

(略)

スプートニク 2018年11月12日 23:23
https://jp.sputniknews.com/asia/201811125573801/

2:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/12(月)23:59:28 ID:Miz

積極的な安保外交、日本も良い意味で変わったねえ

3:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/13(火)00:30:30 ID:6Ni

中国共産党の覇権政策も問題だが、将来的に体制が崩壊した場合の混乱を考えてみても、今から手を打っておく必要があるだろうな
ずいぶん昔から指摘されているように、中国とそれに従属する半島民族は共存共栄という概念を持ち合わせてはいない
常に周りを出し抜いてどうやって利を得るか、そのためにどんな手を使って相手を騙すのか、その知恵だけは異常に働く

4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/11/13(火)00:53:25 ID:89P

中国はいくつか軍閥ごとに独立させて東トルキスタンとチベットと内モンゴルと東北地方も独立させて互いにけん制しあうように持っていけないかなと

11:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/13(火)11:00:01 ID:JTw

>>4
そうそう
三國志状態が理想的

5:名無しさん@おーぷん[]:2018/11/13(火)03:50:32 ID:hq6

シナチクの野望 全・国・版

続きを読む

Source: 物見ニュース