相互RSS


【11月11日ポッキーの日】ポッキーが先か「ペペロデー」が起源かを巡る。韓国ではバレンタインデーに匹敵するほど特別な日だって。

11月11日は、ポッキーの日! チョコ色のクルマを大特集【プレイバック】
11月11日は、ポッキーの日! チョコ色のクルマを大特集【プレイバック】  https://autoc-one.jp/ (プレスリリース)
(出典:https://autoc-one.jp/ (プレスリリース))
ポッキー(和製の欧字綴りおよび英語名:Pocky)は、日本の菓子メーカー・江崎グリコが1966年(昭和41年)から発売しているチョコレート菓子で、同社の登録商標(第3103630号他)である。 日本を始めとする世界各国で販売されており、言語圏によっては異なる商品名となっている。詳しくは「#世界での商品展開」を参照のこと。
24キロバイト (2,935 語) – 2018年8月30日 (木) 19:31

(出典 geinou-trend-news.com)
ポッキーもプリッツも、昔からあるロングセラー商品。
美味しいものは歴史を作るのね。

1 ばーど ★ :2018/11/11(日) 15:10:12.39 ID:CAP_USER9.net


(出典 image.news.livedoor.com)

本日11月11日は、韓国で「ペペロデー」と呼ばれている。友達や恋人、お世話になっている人にペペロを贈りあう日だ。

ポッキーのパクリとも
「ペペロ」とは、チョコのついた細長いスナック菓子のことで、日本の「ポッキー」にそっくり。韓国では日本のお菓子と似た商品が次々と登場しており、“模倣疑惑”もたびたび起こるが、ペペロもそのひとつに挙げられている。

実際に過去には、ペペロの限定版「プレミア ペペロ」に対して、日本のグリコがデザイン権侵害禁止請求訴訟を行ない、原告勝訴の判決が下ったこともある。ペペロにとっては「黒歴史」(『聨合ニュース』)とされている。

一過性ではないペペロの根強い人気
それでもペペロは韓国で根強い人気を誇っている。数字がそれを物語る。

ロッテ製菓によると、2017年の年間売り上げは950億ウォン(約95億円)。特に11月11日のペペロデー前後はペペロが飛ぶように売れ、『聨合ニュース』によれば11月11~13日の売上だけで、年間売上の27.1%に達したほどだったという。

韓国のお菓子ブームというと、数年前にはポテトチップスの「ハニーバターチップ」が大流行して売り切れ続出の社会的現象にまでなったが、盛り上がった期間はそれほど長くなかった。日本の商品が大人気となることも少なくないのだが、一過性のものが多く、すぐにゴタゴタが起きてブームが去ることも少なくない。

そんな韓国においてペペロの人気は根強く、何よりもペペロデーは韓国でバレンタインに匹敵するほどの記念日として定着した。

バレンタインに匹敵するペペロデー
韓国の求人情報サイト『サラムIN』が成人男性1238人を対象に調査した結果によると、「大事にする記念日は?」という質問(複数回答可)に対して、「ペペロデー」と答えた人が77%、「バレンタインデー」が75.4%と、微差ながらペペロデーが上回っていた。

それだけにペペロデーに便乗する企業も少なくない。

韓国メディア『アジア経済』も、「毎年ペペロデーシーズンになると、製菓業界ではたった一日のためだけの製品を出してマーケティングを仕掛ける。コンビニエンスストアはもちろん、スーパーなども各種ペペロにきらびやかな改装をして、顧客の注目を集める」と紹介していた。

ペペロ自体を売るだけではなく、例えば韓国コンビニ大手のGS25は、ペペロデーを控えてジュエリーブランドと組んでペペロデー限定版のジュエリーを販売するという。また、KリーグのFCソウルは、ペペロデーに合わせて試合会場で「自分だけのペペロ作り」というイベントを開催するそうだ。楽しい記念日として、さまざまな盛り上がりを見せているということだろう。

ペペロデーは「ポッキーの日」の起源?
興味深いのは日本でも11月11日は「ポッキーの日」とされていることだ。しかも、韓国ではこのポッキーの日が「韓国から輸出された」とされている。

『聨合ニュース』の「海外進出するペペロデー」という記事にも、こう書かれている。

「1993年、釜山・嶺南(ヨンナム)の女子学生がペペロのようにスリムになろうと、互いにペペロを分け合ったことから始まったペペロデー。お菓子をプレゼントして愛を伝える、この自生的な記念日は“ポッキーの日”という名で日本に“輸出”された」

日韓は何かと起源について論争を巻き起こすことも少なくない。毎年のように桜の季節にはソメイヨシノ論争が起こるし、韓国産イチゴの起源は日本にあったという“イチゴ戦争”が局所的な注目を集めていた。

日本の「ポッキーの日」(正確には「ポッキー&プリッツの日」)は平成11年(1999年)11月11日からスタートしたと言われている。そうなると、始まりが早いのはペペロデーということになるだけに、韓国が起源という主張にも一理はあるだろう。

複数の韓国メディアによると『ワシントンポスト』も、「ポッキーはペペロより17歳年上だが、11月11日を商業的な記念日に作った時点については、論争の余地がある」と報じたそうだ。

いずれにしても、すっかり韓国で定着しているペペロデー。今年もにぎやかな一日になりそうだ。

(文=慎 武宏)

2018年11月11日 11時36分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15578850/

続きを読む

Source: ニュースYeah