相互RSS


【悲報】ベトナム人実習生、社長による機械を使ったイジメで大怪我・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/11/11(日) 07:24:37.04 ID:ID:fGbZRuB+0.net
問題山積 外国人労働者受け入れ拡大
無法労働増やす危険
溶接の技能実習で来日したのに就労先は産廃分別。社長の暴力で入院

「社長は機械を使っていつも私をいじめます」。ベトナム人実習生のHさんが労働基準監督署に提出した申告書には、
悲惨な実習の実態が記されています。

 Hさんは2016年6月、「溶接」の技能実習で来日しました。しかし、実際に就労したのは産業廃棄物処理業者。
行ったのは廃棄物の分別作業でした。技能実習の職種に産廃処理などありません。ベトナムの送り出し機関に問い合わせても
「すでに日本に行ったのだからがんばりなさい」と取り合いませんでした。

 職場では、社長から日常的に暴力を振るわれました。「社長は言葉で指示を出さず、殴って手振りで示すだけです」。
Hさんは暴力に耐えながら働き続けました。

 「社長に蹴りつけられる」「圧縮機で足を挟まれる」など、社長の暴力は次第にエスカレートしていきました。

 5月に社長と作業をしていた時でした。ごみを切断する設備にのぼったHさんに向かって、社長が突如として
ショベルローダーを進めました。ショベルローダーのショベル部分がHさんの肩に後ろから衝突。
Hさんは勢いで設備から機械の間に転落しました。「助けて! 殺される!」。
Hさんの叫び声に驚いた同僚らが、すぐさまHさんを助け出しました。

 Hさんは救急車で病院に運ばれ、2カ月間入院。うち2日間を救急治療室で過ごしました。診断結果は左肩甲骨骨折。
リハビリを経てもなお、左手の握力は戻っていません。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-10/2018111001_04_1.html

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541888677/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ