相互RSS


一部のいじめを暴力行為として認定も学校の責任は問われず 原告は判決を不服として控訴 ——千葉・我孫子市いじめ後遺症訴訟 – 渋井哲也

千葉県我孫子市の鈴木多佳子さん(18、仮名)が、小学校4年生のときに起きた暴行事件で被害を受けて、頭にけがを負った。多佳子さんはそれによる不安から、学校に登校できなくなったとして、学校設置者の我孫子市と、加害行為を行った児童とその保護者を相手に損害賠償を請求していた。この訴訟で、千葉地裁松戸支部(八木貴美子裁判長)が訴えの一部を認めた。加害児童のうち、女児1人に対しては暴力行為を認め、保護者には指…全文読む
Source: BLOGOS