相互RSS


IRでも与党のなりふり構わない姿勢 – 大串博志

今日、与党は、与党案のギャンブル依存症対策法案について強行に審議入りを決めました。本来のスジであれば、政府のIR実施法案と一緒に議論すべきもの。それギャンブル依存症対策法案だけ先に議論するというのは、「依存」しないようにするギャンブルを確定する前に対策法を整備するというもので順序が逆です。なぜこんなことをするか。それはIR実施法案を議論する際の、公明党のハードルを下げようというものではないか。すな…全文読む
Source: BLOGOS