相互RSS


GDPマイナス成長はアベノミクスの挫折? – 沢利之

昨日(5月16日)内閣府が発表した今年1~3月期のGDP速報値は年率換算で前期比0.6%減となり、この期としては7年ぶりのマイナスとなった。今年の1,2月は降雪量が多く、消費者が外出を控えたことや、野菜やガソリン価格が高止まりし、消費者が財布の紐を緩めなかったことなどが、国内総生産が縮んだことの要因の一つとエコノミストは分析しているようだ。従って一四半期の成長率をもってアベノミクスが挫折したと評価…全文読む
Source: BLOGOS