相互RSS


【将棋】藤井四段、2次予選進出逃す 棋聖戦で大橋四段に敗退

1: 豆次郎 ★ 2017/11/29(水) 13:01:21.81 ID:CAP_USER9
朝日新聞デジタル
 公式戦29連勝の新記録をつくった将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が29日、八つあるタイトル戦の一つ、棋聖戦(産経新聞社主催)の1次予選の決勝で大橋貴洸(たかひろ)四段(25)に100手で敗れ、2次予選進出を逃した。

 日本将棋連盟の発表によると、藤井四段のデビュー以来の通算成績は51勝8敗(未放映のテレビ対局を除く)となった。

 大阪市福島区の関西将棋会館で午前10時に始まった。持ち時間各1時間で、使い切ると1分未満という早指し戦だった。終局は午後0時25分。大橋四段の攻めが鋭く、藤井四段も追い上げたが、及ばなかった。終局後、藤井四段は「秒読みになったころから苦しいと感じていた」、大橋四段は「うまく指せた。決断良く指すよう心がけた」などと話した。

 この日の対局は、来年6~8月に行われる羽生善治棋聖(47)との五番勝負の挑戦者を決める戦いの一環。棋聖戦は全棋士と女流棋士2人が参加。まず1次予選、続いて2次予選のトーナメントを行う。最後に2次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の計16人が決勝トーナメントを行い、挑戦者を決める

http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCW5S4HKCWPTFC01H.html


続きを読む

Source: 麻雀ちゃんねる ~麻雀まとめブログ~