相互RSS


アングル:原油市場は先物急伸、現物が低迷 調整危惧する声も – ロイター

[ニューヨーク/ロンドン/シンガポール 15日 ロイター] – 原油市場は中東情勢の悪化などを背景に先物相場が約3年半ぶりの高値を付け、年内に90ドルまで上昇するとの予想すらある。ただ、足元の基礎的諸条件をより良く反映する現物相場は低迷し、先物との価格差が開いており、市場は近く調整に見舞われるのではないかと危惧する声も聞かれる。原油はこの数週間、トランプ米大統領がイラン核合意破棄を打ち出したことな…全文読む
Source: BLOGOS