相互RSS


東芝の車谷体制による本格再建への道筋 – 片山 修

東芝が4年ぶりに黒字に転換しました。子会社の東芝メモリの売却はいまだ完了していませんが、車谷体制は、まずまずのスタートを切ったといえそうです。※東芝代表執行役会長CEOの車谷暢昭氏東芝は15日、2018年3月期連結決算を発表しました。最終利益は、8040億円となり、4年ぶりに黒字に転換、7年ぶりに過去最高益を更新しました。利益を押し上げたのは、元子会社で破綻した米原子力大手ウェスチングハウス関連の…全文読む
Source: BLOGOS