相互RSS


【テレビ】『ブラタモリ』林田アナにタモリが『仕事するな』とアドバイス

1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/10/06(土) 17:03:18.22 ID:CAP_USER9
 8月22日に73歳を迎えるタモリが、専門家顔負けの見識を発揮する町歩き番組『ブラタモリ』(NHK)。2018年3月まで約2年間、アシスタントを務めていたのが天然キャラの近江友里恵アナ(30)だ。

「佐渡」の回(2016年9月3日放送 佐渡~“黄金の島”佐渡は“キセキの島”~)の案内人で、佐渡金山に勤めるガイド・石川喜美子氏から見た2人は、まさに親子のようだった。

「『金脈の近くに多い植物』をクイズで出しても、タモリさんは『シダが目につくんだよな』とすぐ察しちゃう。タモリさんは山師に向いています(笑)。洞察力がすごい。鉱物について知識のない近江さんは全然わかってない感じで。タモリさんが優しく説明してあげるのが、微笑ましかったですね」

 人が金鉱脈を掘ったために山が割れた名所「道遊の割戸」ではこんな一幕が。

「後ろに山が見える場所で、タモリさんに振り返ってもらったんです。タモリさんは『おお、これが道遊の割戸か!』とおっしゃって。事前に誰かから聞いて、この名所をご存じだったんでしょうね。何も知らないで見てもらって驚かせたかったんですけど、かなわなくて残念です」

 2018年4月から5代目の女子アナとしてタモリを支えるのが林田理沙アナ(28)。東京藝大大学院修了、専門はショパンを中心とする音楽史だった。

「お嬢様学校の湘南白百合学園高校で『お嬢』というあだ名で呼ばれていた」(知人)という筋金入りのお嬢様。

「タモリは初対面で『近江アナ系だね!』と、天然ボケキャラを見抜いたそう(笑)。『とにかく仕事をするな』とアドバイスされ、『寺の鐘の分析で、絶対音感を生かしたい』と返したとか」(NHK関係者)

 初任地の長崎放送局では原爆忌の取材に関わり、いまでも被爆者と親交を重ねているという社会派の顔も持つ。

『ブラタモリ』の前任者は『あさイチ』の近江アナ、その前は『ニュースウオッチ9』の桑子真帆アナ(31)。出世番組から、大きく羽ばたく。

(週刊FLASH 2018年9月4日号)

10/6(土) 11:01配信 SmartFLASH
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00010002-flash-ent


続きを読む

Source: 名古屋名物ひまつぶしブログ