相互RSS


【健康保険組合】超高齢化社会到来。対策が急がれる。健保組合2割「解散予備軍」税投入膨らむ恐れ 高齢者医療費の負担増大

健康保険組合 7年後には4分の1が解散危機を迎える
健康保険組合 7年後には4分の1が解散危機を迎える  NEWSポストセブン
(出典:NEWSポストセブン)
健康保険組合で行っている被用者保険制度を、組合管掌健康保険(通称:組合健保)という。主に大手企業やそのグループ企業の社員が加入している。生活習慣病など疾病予防の活動を積極的に行い、従業員等の健康増進とともに医療費や保険料を抑えることができるという、スケール・メリットを生かした活動が期待されている。 単一型健康保険組合
25キロバイト (4,090 語) – 2018年5月29日 (火) 00:12

(出典 www.kinkidenshikenpo.or.jp)
元気で長生き出来る社会の実現を!

1 あられお菓子 ★ :2018/04/23(月) 07:15:56.96 ID:CAP_USER.net

日本経済新聞 電子版 2018/4/23 0:00
(この記事は会員限定です。記事元で電子版に登録すると続きをお読みいただけます。)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2970103022042018SHA000/

 大企業の社員らが入る健康保険組合の財政が悪化している。全国約1400組合の2018年度予算によると、
平均の保険料率は年収の約9.2%(労使折半)と11年連続で上がる。2割強の300超は、国所管の全国健康保険協会
(協会けんぽ)の保険料率以上になり、存続の利点が少ない「解散予備軍」だ。高齢者の医療費を支える負担が
重いのが原因。健保組合が国所管に移れば、税金で支える対象者は増える。高齢者の医療支出の抑…

続きを読む

Source: ニュースYeah