相互RSS


「韓国に失望した」 ラオスダム決壊事故の被害者ら、韓国で支援を訴え

1:■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/09/27(木)13:26:03 ID:???

2018年9月26日、ラオスで韓国・SK建設の建設していた大型水力発電ダムが決壊した事故から約2カ月が過ぎた。
韓国・ノーカットニュースによると、ラオスや周辺国の住民らは今も被害を訴え続けている。
ダム決壊事故により被害を受けたあるカンボジア住民は、現状について「村の学校や病院、主な交通手段の
ボートが一瞬にしてなくなり、農作物も被害を受け、家畜も失った。いまだに人々は下痢の症状を訴え、
牛やバッファローは皮膚病を患っている」と説明した。
その上で「それにもかかわらず韓国からの支援は一切ない」とし、「村の住民らは韓国に失望し、憎むようにもなった
と述べたという。

これについて記事は「韓国政府やSK建設は事故直後から救護チームを送るなどの支援を行ったが、ラオスと国境を
挟んだ周辺国の住民らには届かなかったようだ」と伝えている。カンボジアの地方政府は、同事故による被災者の
数が15000人に達するとみている。北部地域は農耕地の85%が浸水したという。

19の村で7000人の被災者が発生したとされるラオス南部地方の住民らも、長引くテント生活や2次被害への恐怖、
下痢や腹痛の症状に悩まされているという。今月初めに現地調査を行ったエネルギー気候政策研究所のイ・ヨンラン氏
は「SK建設が事故直後に保護施設を建設したこと以外は何の進展もない」とし、「韓国国際協力団(KOICA)など
韓国政府の機関もおらず、国内のNGO支援事業が行われるのも10月以降」と説明した。
ラオス政府によると、現在までに39人の死亡が確認され、行方不明者は93人に上る。国内外のNGOでは、
実際の死傷者の数は数百人に達するとみているという。

被害住民と現地の市民団体は最近、韓国市民社会TFの支援を受け訪韓し、ダム建設に関わった韓国の政府や
企業の対応に不満を示した。
住民らは「ダムの施工はSK建設が担当しており、韓国で莫大(ばくだい)な資本が投入される際に周辺地域に
及ぼす影響が十分に検討されなかった」と主張した。
同ダムはラオス政府やSK建設、韓国公企業の韓国西部発電が投資した資金で建設されていた。ラオス政府の
投資金の多くは、韓国輸出入銀行からの借款だったという。

(以下略)

recordchina 9月26日
https://www.recordchina.co.jp/b629696-s0-c30-d0058.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 86◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537529686/

2:名無しさん@おーぷん[]:2018/09/27(木)13:33:27 ID:LF4

なんか募金とかあるかな…とんでもない被害だろこれ

3:名無しさん@おーぷん[]:2018/09/27(木)13:34:29 ID:paP

それなのにたしか西日本災害に募金してくれたんだっけか?

4:名無しさん@おーぷん[]:2018/09/27(木)13:38:03 ID:LF4

>>3
うん
そうなの

22:名無しさん@おーぷん[]:2018/09/27(木)18:11:30 ID:5iB

>>3
そう
募金してる場合じゃないだろと思った
しかし、反面韓国ときたら………

5:名無しさん@おーぷん[]:2018/09/27(木)14:13:09 ID:jl6

ことの顛末には何の不思議もないという不幸
どうすんだこれ

続きを読む

Source: 物見ニュース