相互RSS


ラノベ作家になった俺が絶望して引退するまでの10年間を書いてく

pose_zasetsu

1 :俺◆uiSAjL/Qtc:2018/09/25(火)22:02:46 ID:H6J
ゼロ年代にラノベ新人賞を受賞しプロになった俺が
その10年後に絶望して完全引退するまでの話

全てが終わってかなり経ったから書く
どこかに10年間の記録を残しておきたいから書く

ラノベ作家になった俺が絶望して引退するまでの10年間を書いてく
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1537880566/

3 :俺◆uiSAjL/Qtc:2018/09/25(火)22:03:28 ID:H6J
当時の話から始める。
当時2000年代後半、ラノベ業界は急速に活気づき始めていた。
ハルヒのアニメ化一期が大成功し新レーベルが次々と参入し、
その知名度と市場は一気に膨れ上がっていった。

それまでのラノベと言えばシャナかブギーポップあたりが少し話題になっているくらい。
それもあくまで「シャナ」「ブギーポップ」という個別の作品が売れているだけであり、
ラノベというジャンルはまだまだ一般的にも(ネットにおいても)認知されていなかった。

今となっては信じられないかもしれないが、ネットとラノベはとても遠い存在だった。
電撃の新人賞受賞者があとがきに2ちゃんの有名コピペを仕込めば、それだけでネットは大喜びだった。
あとがき横読みで出る「どう見ても精子です。本当にありがとうございました」で2ちゃんは盛り上がった。
今よくある炎上系批判の盛り上がりではなく好意的な盛り上がり、
それこそ「ラノベ作家が2ちゃん見てた! このカキコも見てる?」のような喜びの祭りが開催された。
当時ツイッターなどは勿論なく、ただ作者への一方通行だった。
ラノベ作者が見ているに違いないと信じて書き込む、ただそれだけの遊び。それでみんな楽しんでいた。

続きを読む

Source: ハムスター速報