相互RSS


「吉兆」で実績を積み上げた「板場」が明かす、日本料理のすごさとは

『日本料理はなぜ世界でいちばんなのか私が「吉兆」で学んだ板道場』(渡辺康博著、あさ出版)の著者は、11歳から料理人を目指して料亭で修行を開始し、多くの経験を積んだのち、吉兆で指導者として活躍したという人物。現在は福岡において、株式会社春義代表取締役社長(兼・統括総料理長)を務めています。私は長年「板場(いたば)」として生きてきました。「板場」という言葉は聞いたことがあっても、具体的にどういうものか
Source: ライフハッカー[日本版]