相互RSS


「前回の射精から3時間以内が妊娠に効果的」という新しい研究結果

よく読まれている記事



https://blogroll.livedoor.net/js/blogroll.js

引用元:http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1537498706/

1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/21(金)11:58:26 ID:???
※「妊娠の成功率を上げるには、男性は一定期間射精を我慢すべき」と信じている方は多いかもしれません。ところが、最近の新しい研究で、この常識が間違っている可能性が明らかになりました。

研究を行った中国の盛京医院生殖医療センターのダー・リー博士らは、「妊娠を望むカップルは性行為の間隔を空けた方が妊娠しやすくなる」という、これまでの常識を覆す研究結果を発表。
実は、性行為の間隔は空けない方が妊娠には効果的なようです。

実験の対象になったのは、500組のカップル。数日間射精しなかった被験者の精液と、前回の射精から1~2時間だけしか経っていない被験者の精液を観察し、精液の量と精子の運動性を比較しました。
その結果、前回の射精から短時間しか経過していない被験者の精子のほうが、動きが速いことがわかりました。
質量分析法という技術を用いて精液のタンパク質構成を観察したところ、2つのグループの精液には顕著な分子的相違が見られました。
影響を受けているタンパク質の大部分は、細胞接着と関連していました。細胞接着とは細胞同士が付着していることを指し、精子と卵子が融合し受精卵を形成するために必要な機能の一つです。

さらにリー博士らは、これらの変化が受精率に影響するかどうかを調べるため、体外受精を希望しているカップル500組を対象に別の実験を行いました。
対照群の男性から数日間射精を我慢した後の精液のサンプルを採取し、実験群の男性から3時間未満の間射精を我慢した精液のサンプルを採取しました。そして、各グループの精子を卵子に植え付けました。
すると、対照群男性の小児出生率は約35%であるのに対し、実験群の男性では約47%と、より高い数字が確認されました。

2018/09/19 18:40ナゾロジー
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3899659
http://ext.nicovideo.jp/thumb_watch/nw3899659?w=312&h=176

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)12:02:19 ID:???
無理(´・ω・`)

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)12:02:34 ID:???
やって寝て起きて食ってまたやって。
リア充大学生あたりが一番繁殖活動できそうねw社会人はこれ苦しいw

4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)15:57:20 ID:???
溜めたやつじゃ古いじゃんと昔から思っておりました

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)15:58:45 ID:???
三時間だとまだ賢者タイムだな

6: 名無しさん@おーぷん 2018/09/22(土)08:34:56 ID:???
歳を取ると三時間以内に二度の射精など、しんどくてやってられないわ

人気記事
http://rcm.shinobi.jp/js/imp.js
http://rcm.shinobi.jp/r/bd69e09f2e412c137e7062e3729b250b

Source: 一人暮らし速報