相互RSS


【悲報】北海道震度7 迫りくる南海トラフ、首都直下型「巨大地震」Xデーの恐怖・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/09/19(水) 06:50:49.25 ID:IK0CGQVx0●.net
「青森沖から北海道・根室沖にかけては近い将来、海溝型の巨大地震が発生すると見られています。今回の直下型の内陸地震はその前兆であるとされます」
 防災ジャーナリストの渡辺実氏はそう指摘する。
 9月6日午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とした深さ37?、マグニチュード6.7の大地震が発生した。 

 北海道安平町で震度6強、厚真町鹿沼では最大値の震度7を観測した。揺れは広範囲に渡り、震源地周辺の各地で、住宅の倒壊、土砂崩れ、液状化現象などが
起きている。
「熊本地震のように、震源(深さ11?と12?)がもっと浅かったら、さらに甚大な被害が出ていたでしょう」(渡辺氏)
 10日時点の死者は44人に及んだ。
「厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、建物が倒壊、住居内に人が取り残されました。土砂崩れがあった現場は、以前から危ない地域と指摘されていた。
千歳基地から航空自衛隊の救難隊が被災地域に到着、すぐに救助活動を展開しました」(大手紙社会部記者)
(後略)

実話ですか?
https://wjn.jp/article/detail/5143594/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537307449/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ