相互RSS


【三重】自分で採ったキノコを食べた75歳男性が意識不明の重体 食用のクロハツに似た毒キノコ「ニセクロハツ」か

秋のキノコシーズン到来! 間違えやすい「毒キノコ御三家」に注意
秋のキノコシーズン到来! 間違えやすい「毒キノコ御三家」に注意  ウェザーニュース
(出典:ウェザーニュース)
キノコ (毒キノコからのリダイレクト)
ベニテングタケの毒性はさほど強くない(近縁種には猛毒キノコがある)。昭和中期の資料では、日本国内でも採れる毒キノコであるベニテングタケを、猛毒あるいは致死性の高い毒キノコと表記しているものがあった。ベニテングタケは他の食用、毒キノコに比べて圧倒的に目立ちやすく、誤食した場合の症状が幻覚性で
68キロバイト (9,144 語) – 2018年5月27日 (日) 21:14

(出典 tadasan.net)
食用かどうか、見た目ではわかりづらい。

1 シャチ ★ :2018/09/13(木) 20:22:43.25 ID:CAP_USER9.net

9/13(木) 20:16配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000074-mai-soci
 三重県は13日、自分で採ったキノコを食べた同県桑名市の男性(75)が食中毒を発症したと発表した。男性は意識不明の重体。県は症状や食べ残したキノコの形などから、食用のクロハツに似た毒キノコ「ニセクロハツ」の可能性が高いとみて調べている。

 県食品安全課によると、男性は10日にキノコを採取し、夕食に1人で煮て食べた。11日朝から嘔吐(おうと)や下痢の症状があり、夜に首などに痛みが出て同市内の病院に入院。12日に人工呼吸器が必要なほど悪化し愛知県内の病院へ運ばれた。キノコの採取場所や食べた量は不明。

 県によると、ニセクロハツは夏から秋にかけて東海、関西地方などで発生する。灰色や黒褐色で、傘は直径5~12センチ。食後30分~数時間で嘔吐や下痢などの症状が出て、後に全身の筋肉痛や呼吸困難になることがある。国内では2005年に2人、06年に1人が死亡しているという。【田中功一】

続きを読む

Source: ニュースYeah