相互RSS


【最新スマホ】「Xperia XZ3」発表 有機ELディスプレイで狭ベゼル

1 サーバル ★ :2018/09/03(月) 18:20:05.74

ソニー、有機ELディスプレイ「Xperia XZ3」発表
 ソニーモバイルは8月30日(現地時間)、ドイツ・ベルリンの「IFA 2018」においてプレスカンファレンスを開催し、Xperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ3」を発表した。今秋以降、日本を含む国・地域で展開される。

 今回発表された「Xperia XZ3」は、Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを搭載する。同社が2016年から展開するフラッグシップモデル「Xperia XZ」シリーズの最新モデルで、今年2月の「MWC 2018」で発表され、5月から国内向けにも発売された「Xperia XZ2」の後継に位置付けられる。

 従来モデルのXperia XZ2から変更されたボディは、前面と背面のいずれもがCorning製3D Gorilla Glass 5による3D曲面ガラスが採用され、左右両端をわずかに湾曲させたデザインとなっている。

 側面の最薄部は約3.0mmのアルミフレームで構成され、手にフィットする形状に仕上げられている。ディスプレイが変更されたこともあり、ボディは全体的に縦方向に長くなり、サイズは158mm×73mm×9.9mm、重さが193gとなっている。

 従来モデルに引き続き、IP65/68の防水に対応する。カラーはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色がラインアップされる。

 背面中央にはカメラ部の下に指紋センサーがレイアウトされている。バッテリーは従来モデルよりも容量が約10%アップした3330mAhのものを搭載し、充電は本体下部のUSB Type-C端子に加えて、Qi規格によるワイヤレス充電にも対応する。

ソニー「Xperia XZ3」(海外版)、約158mm(高さ)×73mm(幅)×9.9mm(厚さ)、約193g(重量)、ブラック(写真)、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドをラインナップ
背面もガラス仕上げ。カメラと指紋センサーのレイアウトは従来モデルを継承
カラーバリエーションはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色。背面のみにカラーがあしらわれる
従来モデルに比べ、薄くなり、持ちやすい形状。縦横比18:9のディスプレイ搭載で、縦長ボディに仕上げられている
下部の外部接続端子はUSB Type-Cを採用。コネクタ部分の周りの処理が独特のデザイン
右側面にはカメラキーや電源キーを備える。ディスプレイの側面部分は湾曲している
有機ELディスプレイ

 ディスプレイは縦横比が18:9、6.0インチの有機ELディスプレイを採用し、2880×1440ドット、QHD+の表示が可能。従来のXperiaでは上下のベゼル部分がボディカラーと同色のデザインを採用してきたが、Xperia XZ3ではディスプレイが本体前面のほとんどを占め、ベゼル部分も黒く仕上げられているため、ディスプレイとボディがシームレスに仕上げられたデザインとなっている。これにより、映像コンテンツを視聴するとき、今までのXperiaシリーズにはなかった没入感を体験できるとしている。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/ifa2018/1140671.html


(出典 k-tai.watch.impress.co.jp)


(出典 k-tai.watch.impress.co.jp)

 チップセットは米Qualcomm製のSnapdragon 845を採用し、メモリーとストレージは4GB RAMと64GB ROM(UFS)で構成される。メモリーカードは最大512GBのmicroSDXCメモリーカードに対応する。SIMカードはnanoSIMカードを採用し、グローバル向けではデュアルSIMモデルとシングルSIMモデルが用意される。プラットフォームは最新のAndroid 9 Pieがプリインストールされる。

★1 :2018/09/03(月) 12:24:00.38

※前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535945040/

続きを読む

Source: まめ速@マメマメチェック!!