相互RSS


政府「高齢者の労働は国が成長するための大事な柱!企業は70歳まで従業員を雇用するように」

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/09/05(水) 22:25:35.70 ID:XUUcXTnu0●.net
働ける年齢70歳に延長 政府検討、企業に努力目標

政府は高齢者が希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始める。現在は原則65歳まで働けるよう
企業に義務付けており、年齢引き上げの検討に入る。2019年度から高齢者の採用に積極的な企業を支援する。

その上で来年以降に高年齢者雇用安定法の改正を検討し70歳まで働けるようにする。働き手が減少する中、
高齢者の就労環境の整備を成長戦略の柱に位置づける。

以降は会員限定

限定部分の大事なところ
・働く意欲や能力のある高齢者であれば大幅な賃下げがされないよう、評価・報酬体系を官民で見直す
・雇用制度に併せて年金制度も見直しを進め、公的年金の受け取り開始年齢を70歳以降を可能にする方針
・年金受給開始を70歳以降とした人は受給額を大きく積み増す制度を策定する

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35011340V00C18A9MM8000/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536153935

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ