相互RSS


文筆家の菅野完氏、米国で女性への傷害罪で起訴も出廷せず 20年間逃亡状態

元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536412219/

1:■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/09/08(土)22:10:23 ID:???

9/8(土) 12:44配信 ハフポスト日本版

文筆家の菅野完氏(43)がアメリカ・テキサス州で暮らしていた20年前、当時交際していた日本人女性に暴行し、
けがを負わせたとして逮捕・起訴されたにもかかわらず、裁判を受けずに帰国していたことを9月8日、
ハフポスト日本版は確認した。

菅野氏に対しては再逮捕状が出されて現在も有効といい、事実上の「逃亡」状態になっている。

この問題をめぐっては、週刊現代(8月11日号)が報じて明るみに出た。ハフポストも捜査関係書類の写しなどを入手した。

文筆家の菅野完氏、日本人女性への傷害罪でアメリカで起訴。裁判に出廷せず、20年間「逃亡」状態に
菅野完氏が「家族または同居人に対する傷害罪」で起訴された内容が書かれた司法関係書類のコピー。
プライバシー保護のため、一部をぼかしています
関係者の話も総合すると、菅野氏は22歳だった1998年5月23日夕、テキサス州ベル郡のアパートで、
同居していた当時20歳代の日本人女性の頭や顔、体をたたくなどしてけがを負わせたとして地元警察に逮捕された。

菅野氏は捜査の後、「家族または同居人に対する傷害罪」で起訴された。

菅野氏の再逮捕を認める令状のコピー
菅野氏はその後、保釈保証業者の立て替えで2500ドルを支払って保釈されたが、1999年6月にベル郡裁判所で
予定されていた公判に出廷せず、帰国。裁判所は9月、保釈金の没収と菅野氏を再逮捕するよう決定を下した。

ベル郡検察当局によると、この事件は終結しておらず、再逮捕状は今も有効という。

前年にも同じ被害者に暴行
事件の前年にも、菅野氏は同じ女性に対して傷害事件を起こしていた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00010000-huffpost-soci

2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/09/08(土)22:12:18 ID:4iT

ハンターさんは捕まえないの?

3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/09/08(土)22:13:07 ID:kHT

反省してるならアメリカ行って裁判受けて来いよ

8:名無しさん@おーぷん[]:2018/09/08(土)22:44:43 ID:j4K

>>3
>反省してるならアメリカ行って裁判受けて来いよ

これで全てなんだけど
ノイホイの辞書に真意の反省とか責任の文字があったら驚きだ

続きを読む

Source: 物見ニュース