相互RSS


モリカケを長引かせた責任は政府与党側にあり – 大串博志

今日は衆参予算委員会の集中審議。当面する外交上の課題もですが、引き続き加計学園問題についても議論となりました。「いつまでモリカケを国会でやっているんだ」との声もあります。しかし、ここまでこの問題を長引かせているのは、説明責任から逃げ続ける政府与党側です。例えば柳瀬氏。昨年夏に国会に呼ばれた際に、「今治市と会ったことは覚えていない」と答えるだけではなく、「加計学園関係者には会った」と正直に述べていれ…全文読む
Source: BLOGOS