相互RSS


沖縄県民・仲村覚氏の国連スピーチ 「我々は日本人。少数民族ではない」「先住民勧告は県民に無用な差別を生む」

1:■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/08/21(火)16:40:14 ID:???

◆先住民族「撤回を」 国連で仲村氏スピーチ

スイス・ジュネーブで16日から2日間開かれた国連人種差別撤廃委員会の対日審査会合に合わせ、
日本沖縄政策研究フォーラム理事長の仲村覚氏は16日のランチミーティングブリーフィングでスピーチし
「沖縄県で生まれ育ったすべての人々は日本人として生まれ、会話し、勉強し、仕事してきた。
日本の少数民族などと意識したことはない」と述べ、県民を先住民族と認定することをやめるよう訴えた。

同委員会は2014年、沖縄の人々を先住民と認定する勧告を出した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
八重山版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban

https://www.yaeyama-nippo.com/2018/08/20/先住民族-撤回を-国連で仲村氏スピーチ/

2:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)16:44:38 ID:jhQ

国連人種差別撤廃委員会の場で無視され
コレを報じた八重山新報も無視されるんやろうなぁ・・・

3:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)16:46:14 ID:ayn

>同委員会は2014年、沖縄の人々を先住民と認定する勧告を出した。
これこそ国連人種差別撤廃委員会による差別だな

4:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)16:58:21 ID:I6v

国連こそが差別をしている。
これはどの組織の陰謀だ。

続きを読む

Source: 物見ニュース