相互RSS


子どもの数も割合も過去最少、教育と暮らしの貧困で「結婚・子育て」そのものが困難な日本 – 国家公務員一般労働組合

きょうはこどもの日。毎年、総務省が子どもの数を発表していますが、2018年4月1日現在の15歳未満の子どもの数は、前年より17万人少ない1,553万人で、1982年から37年連続の減少となり、比較可能な1950年以降の統計で過去最少を更新。人口に占める子どもの割合も44年連続の減少で過去最少を更新しています。(※下の2つのグラフは総務省サイトからです) この総務省発表データの中には国際比較もありま…全文読む
Source: BLOGOS