相互RSS


【芸能】「日本のセックスシンボル」調査してみたwww 5位石原さとみ、1位は?


(出典 polygee.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)
セクシー女優ってゆうからてっきりセクシーな女優ばっかかと思ったけど、セクシー女優の意味が違った…

1 ほニーテール ★ :2018/07/05(木) 17:24:48.14 ID:CAP_USER9.net

1950年代半ばに登場した「セックスシンボル」という言葉は、単に「セクシーな人気者」を表わすものではない。その時代を象徴する、美貌と知性を兼ね備えた「影響力のある女性」の代名詞として定着している。本誌・週刊ポストは読者1000人にアンケート(最大3人まで回答可)を実施し、「日本のセックスシンボル」について調査した。果たして、男たちが本当に憧れる女優・タレントは誰なのか──。

1位:壇蜜(178票)
2位:五月みどり(100票)
3位:橋本マナミ(84票)
4位:杉本彩(57票)
5位:石原さとみ(52票)
6位:深田恭子(49票)
7位:菜々緒(46票)
8位:由美かおる(39票)
9位:松坂慶子(38票)
10位:吉永小百合(30票)

 第1位に輝いたのは壇蜜。178票を集めた。2014年公開の壇蜜主演映画『地球防衛未亡人』の河崎実監督はこう語る。

「壇蜜は怪物みたいなものですよ。髪は黒髪で古風な顔立ちで、しかも谷崎潤一郎や三島由紀夫なんかの日本文学や映画にも詳しい。ちょっと学歴のあるオヤジだったらイチコロでしょう。

 下ネタも平然と話すけど、彼女が語ると決して下品に聞こえないのがすごいよね。上品なユーモアでエロを包みこんでいるんです。最初に会ったときから『監督の作品を見ました』なんて言ってくれて、人心掌握にも長けている。俺なんてずっと年上なのに、子供扱いされちゃった。何もかもを知り尽くした、奥の深い女ですよ」

 第2位に入ったのは五月みどりで100名が票を投じた。五月はこう語る。

「今回は多くの方に選んでいただいて、とても嬉しく思います。応援してくださる一人一人の方に直接お会いしてお礼申し上げたいくらいの気持ちです。誠にありがとうございました」

 3位は橋本マナミ(84票)。

「この度セックスシンボル第3位に選んでいただき本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!! ありがとうございます。週刊ポストさんにはステキなグラビアをたくさん撮っていただきました。これからも皆様にドキドキしてもらえる、そして、心のオアシスになれるグラビアを発信していけるよう頑張りますのでよろしくお願いします」

とのコメントを寄せてくれた。以下、4位は杉本彩(57票)、5位は石原さとみ(52票)だった。今回の結果を、女優やアイドルの歴史に詳しいライターの安田理央氏はこう考察する。

「1位の壇蜜さんと3位の橋本マナミさんは現在のセックスシンボルとして順当ですね。若すぎず、色っぽいキャラクターが幅広い層に受けている」

 上位の顔ぶれからは、本誌ならではの結果も読み取れた。

「五月みどりさんや吉永小百合さん(10位)など往年の名女優が入ったのが大きな特徴です。自分の青春時代の憧れの女優を思い出したのでしょう。やはり、性に目覚めたときの記憶は強いですね」

 概ね順当といえるランキングだが、“意外”な結果もあった。

「菜々緒さんが7位に入ったのには驚きました。“菜々緒ポーズ”とドラマでのSっ気のある姿が、強烈な印象を与えたようですね。もう一つは巨乳の女性がさほど多くない点。日本の巨乳ブームはイエローキャブが登場した90年代以降なので印象に残りづらかったのかもしれません」

※週刊ポスト2018年7月13日号
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180705-00000016-pseven-ent&p=2


(出典 image.news.livedoor.com)

続きを読む

Source: はじめてのニュース