相互RSS


【福岡ネット殺人】ネットでバカにされた??有名ブロガーHagex刺殺事件…事件後に犯行声明か?


(出典 cdn.buzz-plus.com)
今はネット社会。簡単に人が壊れる…ネットはほんとに怖い…

1 記憶たどり。 ★ :2018/06/25(月) 11:50:09.56

http://buzz-plus.com/article/2018/06/25/hagex-fukuoka-net-news/

2018年6月24日(日)20:00前後、福岡県福岡市の旧大名小学校跡地でインターネットセキュリティー会社スタッフの
岡本顕一郎さん(41歳)が背中を刃物で刺され病院に搬送。その後に死亡が確認された「男性刺殺事件」で、
非常に恐ろしい情報が入ってきた。インターネット上で岡本顕一郎さんに罵られ、恨みを持っていた犯人が
刺し殺した可能性が浮上しているのである。

・低能先生と呼ばれていた人物が犯人か
岡本顕一郎さんはインターネット上でHagex(ハゲックス)というニックネームでブログ「Hagex-day info」を書いていたとされている。
そのブログ内で岡本顕一郎さんに「低能先生」と罵られていた人物がおり、今回の事件は低能先生と呼ばれていた人物が
岡本顕一郎さんに恨みをもち、犯行に及んだのではないかとの情報が出ている。

・Hagexブログの低能先生に関するコメント
「低能先生という荒しがいる。はてなブックマークに出現し、IDコール利用して複数のユーザーに対して誹謗中傷を繰り返している。
当然、すぐにアカウントが凍結されるのだが、新規のアカウントを作り罵詈雑言を行っている」

・犯人は自転車で逃げたが数時間後に出頭
犯行当日、岡本顕一郎さんは旧大名小学校跡地の会議室で開催されるITセミナーの講師として、17:00前後には現場にいたという。
ITセミナーは17:45前後に開始し、19:30前後に終わった。そして20:00前後に犯人に背中を刺されて死亡したとされている。
犯人は自転車でずくさま逃げたが、24:00前後に警察に出頭している。

・犯行声明をしていた可能性が浮上
実は自転車で逃亡してから警察に出頭する3~4時間ほどの間、犯人はインターネットブログに記事を投稿しており、犯行声明をしていた可能性が浮上。
犯人にしかわかりえない表現や情報があるとされており、無関係の者がいたずらで記事を更新したようには思えない内容となっている。

続きを読む

Source: はじめてのニュース