相互RSS


【炎上】米女記者さん「選挙カーに一緒に同乗させて」ww→議員さん「は?何言ってるの??」→完全拒絶!!!

「女性と2人きりはダメ」、米州議員が女性記者の取材拒絶 トラブル回避で妻と約束 – BBCニュース
米ミシシッピ州知事選に立候補している、共和党のロバート・フォスター同州下院議員(36)が、選挙活動の同行取材を希望する地元メディアからの申し入れを、担当記者が …
(出典:BBCニュース)

(出典 i.pinimg.com)
差別か?選挙ならなおさら防御だろ!!

1 スタス ★ :2019/07/13(土) 15:55:46.37


「女性と2人きりはダメ」、米州議員が女性記者の取材拒絶 トラブル回避で妻と約束


(出典 ichef.bbci.co.uk)

以下ソースから抜粋

アメリカ・ミシシッピ州知事選に立候補している、共和党のロバート・フォスター同州下院議員(36)が、
選挙活動の同行取材を希望する地元メディアからの申し入れを、担当記者が女性だという理由で拒絶していたことが、9日わかった。
妻以外の女性と2人きりにはならないと決めていると言い、男性スタッフを同行させない限り応じられないとしている。
地元メディア「ミシシッピ・トゥデイ」のラリソン・キャンベル記者(40)によると、フォスター議員の選挙活動を同行取材するため、
選挙用車両に15時間「同乗」できないか申し入れた。しかし、自分が女性であるとことを理由に拒否されたという。

告発されるような状況に身を置かない

フォスター議員は、「私は、人が物事を見た際に質問をしないでそのまま理解するというような、感覚的な認識や捉え方(perception)を信じていない。
真実を見つけ出そうとしないのだから。感覚的な認識や捉え方というものがこの世界では現実とされている。
私は、自分がすべきことではないことをしている、というような考えを、誰にもされたくない」と述べた。
さらに、セクハラ被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動については、
「男性はいつも攻撃にさらされている」と主張。「私は、女性が私を告発できるような状況に自分自身を置くようなことはしない」と述べた。

https://www.bbc.com/japanese/48959745

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!