相互RSS


日本とドイツ、住むなら日本がいい?(中国メディア)

<働き方改革の死角>日本、国際水準遠く パワハラ・セクハラ対策 – 東京新聞
職場でのパワハラやセクハラの規制策について日本の国際潮流からの周回遅れが鮮明になっている。今年創立百周年になる国際労働機関(ILO)は十日からスイス・ …
(出典:東京新聞)

(出典 newsphere.jp)
ほう。

1 みなみ ★ :2019/06/09(日) 16:35:34.52

2019-06-09 13:12
http://news.searchina.net/id/1679515?page=1

中国メディア・東方網は6日、アジアの技術大国・日本と、欧州の技術大国・ドイツのどちらに住みたいかについて論じた文章を掲載した。文章の作者は日本を選んでおり、文章中でその理由を列挙している。

 文章はまず、「日本とドイツに住むならどちらを選ぶかという質問があれば、日本を選ぶ。それはあくまで歴史の問題はさておいて、ということになることはあらかじめ断っておく」としたうえで、日本を選んだ大きな理由として「成熟した先進国で、環境がきれいで、交通が発達していて、生活が非常に便利だから」と伝えている。

 また、法律面でも健全かつ厳格な法体系が構築されており、生活上の安全性が保障されていると紹介。また、個人の財産が侵されることがなく、インフラ建設のために強制立ち退きを受けることなく、自らの意志によって土地などを売却するかどうかを決定することができる自由があるとした。

 さらに、日本の食べ物も大きな魅力であるとし「非常に繊細かつ美味で、栄養もある。その人気ぶりは本国だけでなく世界各国に日本料理店があることからも分かる」と伝えたほか、教育に対する重視ぶりという点でも大きなメリットがあると説明している。

★1 2019/06/09(日) 14:25:15.40

続きを読む

Source: X線室