相互RSS


【老害】商店街をぶっ潰した正論おじさん「大きな声出すな、ばかみたく。バカ!バカバカバーカ」「警察がやらないなら私がどんどんやりますよ」

馬鹿

0 :ハムスター速報 2019年6月13日 14:38 ID:hamusoku
“正論おじさん”に単独直撃…看板等が「歩道にはみ出てる」商店街側とトラブルに 主張のワケは

 三重県松阪市中心部の商店街で、ある騒動が起きています。市内に住む高齢の男性が、店先に置いているのぼり旗や看板が「歩道にはみ出ている」として、のぼり旗を壊すなどの激しい抗議をしていて、商店街側とトラブルになっているんです。

 法律を守るべきという「正論」を主張する男性と厳格さに戸惑う商店街…。何が起きているのでしょうか。

男性:
「ここは“天下の道路”なんだ!」

店員:
「早く帰ってよ!」

男性:
「大きな声出すな、ばかみたく。バカ!バカバカバーカ」

 これは5月、松阪駅前の商店街で撮影された映像の様子。この男性の行動によって商店街の一部の店が営業できなくなるなど打撃を受けているというのです。

 なぜ「杓子定規」に法律を守るよう主張するのか…12日午後、男性が東海テレビの単独インタビューに応じました。

男性:
「法律を守ってなぜ悪いのかということ。悪いことない、1番正しい。日本の国というのはご承知の通り法治国家なんだから。お年寄りがぶつかって危ないから、悪いけども看板は自分の敷地内に入れてくださいよと。警察の方でやらなければ、私がどんどんどんどんやりますよ。あなたがやらなければ、私がやるってんだ!」

 しかし、時に男性は、店の前に掲げられたのぼりのヒモを切断することも…。

 厳しすぎるように思える男性の主張。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00022748-tokaiv-soci


Source: ハムスター速報