相互RSS


【日本】護衛艦あさぎり艦長の佐藤2佐(49)「ソマリアなう」複数のSNSに投稿→規律違反で更迭!なう!

芸妓さんは元自衛官 迷彩服から着物に着替えて奮闘中 – 朝日新聞
芸妓(げいこ)さんは元自衛官――。航空自衛隊に勤めていた女性が昨年末、岐阜市で芸妓としてデビューした。身にまとう服装は迷彩服から着物へと変わり、きびきびとした …
(出典:朝日新聞)
自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。 最高指揮官は、内閣総理大臣である。 諸外国の軍隊における軍人(兵・下士官・士官)に相当する。自衛隊は志願制であるため全員が武官である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」(りくじょうじえいかん)と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官
71キロバイト (10,240 語) – 2019年5月22日 (水) 14:20

(出典 grapee.jp)
自衛隊もSNS!

1 ガーディス ★ :2019/05/24(金) 22:05:44.43

毎日新聞 2019年5月24日 20時49分(最終更新 5月24日 20時50分)
https://mainichi.jp/articles/20190524/k00/00m/040/245000c

 防衛省は24日、アフリカのソマリア沖で海賊対処活動をしている海上自衛隊派遣部隊の指揮官、佐藤吉範2佐(49)を、服務規律に違反した疑いがあるとして更迭した。
佐藤2佐は派遣中に他国に寄港した時の様子をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で複数回紹介。
公表していない部隊の行動を明らかにした点を問題視した。

海賊対処部隊の派遣は2009年から開始。11年にけがにより部隊指揮官が交代しているが、服務規律違反での交代は異例。
海自は今後、処分を検討する。

佐藤2佐は、海自舞鶴基地(京都府)を母港とする護衛艦「あさぎり」の艦長。
3月16日から第33次派遣部隊の指揮官として派遣されていた。

続きを読む

Source: X線室