相互RSS


【県警捜査】「川崎殺傷事件」岩崎容疑者、日常生活がヤバイ!!!


(出典 event-pre.com)
暇すぎてヤバそう!!

1 サーバル ★ :2019/05/30(木) 12:03:27.79

他人と接触絶ち生活=「引きこもり」指摘に居直る-川崎襲撃・岩崎容疑者
2019年05月30日04時31分

 児童ら19人を殺傷し自*た岩崎隆一容疑者(51)は、川崎市の親族宅で引きこもり状態の生活を送っていたとみられる。同居する80代の伯父夫婦との会話もなく、近所の住民とトラブルを起こしたこともあったという。<下へ続く>

 市などによると、岩崎容疑者は幼少時に両親が離婚し、伯父夫婦に引き取られた。いとこが家を出た後は3人暮らし。定職に就かず自室に閉じこもり、伯父の援助で生活していたとみられる。

最愛の娘奪われ「深い悲しみ」=犠牲の栗林さん両親コメント-川崎襲撃

 「日々接触すらない。外部のヘルパーを家に入れても大丈夫か」。高齢で訪問介護を検討する伯父らは2017年以降、先行きに不安を感じ市役所に相談。市によると、岩崎容疑者は日常、伯父らと顔を合わせず、会話は一切なし。ほぼ唯一の接点は、作ってもらった食事を冷蔵庫から出し、置いてある小遣いを受け取る時だけだった。
 神奈川県警のこれまでの捜査では、交友関係もほとんどうかがえず、パソコン、携帯電話も所持していた形跡がないという。捜査幹部は「人間関係がこれだけ希薄な人物は珍しい」といぶかる。
 今年1月、伯父らは将来を見据え、岩崎容疑者の考えを尋ねる手紙を部屋の前に置いた。同容疑者は数日後、「洗濯や食事、自分のことは自分でしているのに、引きこもりとは何だ」と開き直った。その様子に、伯父は「意思疎通する気はない」と感じたという。
 近隣住民も、岩崎容疑者の言動に不安を感じていた。同容疑者が出歩く姿が見られたのは、ほとんどが人けの少ない夜間や朝方。窓は固く閉ざされ、住人がいると知らない人もいた。
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019053000155&g=soc

続きを読む

Source: メガ速ニュースDE-DON!