相互RSS


孤立したファーウェイ、中国政府の保護下に入る可能性も

1:■忍【LV11,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/05/27(月)11:52:33 ID:???

[香港 24日 ロイター BREAKINGVIEWS] – 米国のトランプ政権が中国の通信機器大手、
華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との取引を原則禁じる制裁措置を打ち出したことを受け、
半導体などハイテク業界で世界的にファーウェイとの取引を停止する動きが広がっている。

これを受け、飛ぶ鳥を落とす勢いだったファーウェイは孤立。最終的には中国政府の保護下
に入る可能性も否定できない。

トランプ大統領は、米中通商合意の一環でファーウェイ問題が解決される可能性があるとの
認識を示したが、ファーウェイはすでにダメージを受けている。米国の知的財産が
サプライチェーンでいかに重要か、また海外の提携先・取引先・顧客がいかに重要かが
浮き彫りになった形だ。

ファーウェイは多大なコスト負担を強いられる可能性がある。米国製部品に依存している
ネットワーキング機器は、再設計が必要だ。グーグルのアプリストアへのアクセスを拒否
されれば、スマートフォン向けの新たな基本ソフト(OS)の投入を迫られる可能性もある。

ファーウェイの売上高1000億ドルの半分は海外での売り上げだ。市場から締め出されれば、
国内でもライバル企業にシェアを奪われかねない。

ファーウェイは、昨年末時点で390億ドルに上るキャッシュを保有しており、債券保有者が
パニックに陥ることは当面ないだろう。ただ米政府が方針を転換しない限り、事態は悪化する運命にある。

創業者の任正非氏は、一部事業の売却を検討するかもしれない。同社の携帯端末部門は
昨年500億ドルの売り上げを計上しており、通常の環境であれば、魅力的な投資対象となる。
ネットワーキング機器部門にも同様の価値がある。

ただ、事業売却で米政府が制裁を解除するとは限らない。米国の目的は中国から譲歩を
引き出すことだ。国内でも、ファーウェイが分割されれば、米国への降伏と受け止められ、
習近平国家主席の威信に傷がつく。資金を節約するために人員を削減しても同じことになる。
同社は昨年末時点で18万人を雇用。海外従業員は全体の約2割だ。

(以下略)

https://jp.reuters.com/article/huawei-government-breakingviews-idJPKCN1SX034

2:名無しさん@おーぷん[]:19/05/27(月)11:55:09 ID:1tN.ka.0b

共産主義独裁政権である中共の企業である限り、最初から民間企業なんてあるわけがないだろう
馬鹿なのか。

3:名無しさん@おーぷん[]:19/05/27(月)12:16:57 ID:LAi.ka.hx

国内10億人以上いるんだから
内需だけで食ってけるだろ。
外国に出てくる必要ねーだろ。

4:名無しさん@おーぷん[]:19/05/27(月)12:29:56 ID:90q.ey.lh

> 米国の目的は中国から譲歩を引き出すことだ

また、しれっと嘘吐いてやがる
安全保障が目的なんだから、譲歩なんて存在しない

5:名無しさん@おーぷん[]:19/05/27(月)12:50:10 ID:hH6.ka.hx

ファーウエイの機器により
個人情報が抜かれたら
それを元にアクセスログを捏造し
不正なダウンロードしたと脅されるだろう。

6:名無しさん@おーぷん[]:19/05/27(月)12:57:43 ID:dL0.yt.mc

戦争の駒としてのファーウェイの役割は終わった
素直にチャイナ国内に引っ込めば良い

続きを読む

Source: 物見ニュース