相互RSS


【悲報】アンナのコンプレックス

梅宮アンナ(うめみや あんな、1972年8月20日 – )は、日本のファッションモデル、タレント、YouTuberである。 若葉会幼稚園、川村小学校、川村中学校を経て、東横学園大倉山高等学校卒業、文化学院専門学校中退。 父親は俳優の梅宮辰夫、母親はアメリカ合衆国出身の元モデル・梅宮クラウディアで本人はハーフ。
18キロバイト (2,568 語) – 2019年3月7日 (木) 05:14

(出典 hase-navi.com)

1 湛然 ★ :2019/05/21(火) 05:04:59.23 ID:6WHA9Hjm9.net

2019.05.20 16:52 Techinsight writer : miyabi
梅宮アンナ、地毛の黒髪が「大嫌い」 定期的なブリーチで“ピンクグレー”カラーに
http://japan.techinsight.jp/2019/05/miyabi05201222.html

梅宮アンナの“ピンクグレー”の髪(画像は『Anna Umemiya 2019年5月19日付Instagram「55日に一度根元をブリーチです」』のスクリーンショット) 梅宮アンナの“ピンクグレー”の髪(画像は『Anna Umemiya 2019年5月19日付Instagram「55日に一度根元をブリーチです」』のスクリーンショット)

(出典 static.techinsight.jp)


(出典 static.techinsight.jp)

タレントの梅宮アンナが、髪をブリーチしてからカラーで染める過程をインスタグラムに公開している。ヘアに関しては色だけでなくスタイリングにも強いこだわりがあり、美容室といえども最後のセットは自分で仕上げているそうだ。

19日の『Anna Umemiya annaumemiya Instagram』によると、梅宮アンナは「55日に一度」髪の根元を行きつけの美容室でブリーチしているという。それからお気に入りのカラー“ピンクグレー”で染めるのだが、すべてに4時間弱ほどかかるそうだ。これだけ時間をかけても「3日もしたらカラーは落ちる」と言い、自宅でのケアが重要になってくるらしい。梅宮はカラーシャンプーやカラーマスクを使用して、次回の美容室まで“ピンクグレー”カラーを保っているのだ。

そもそも彼女の地毛の色は黒で、白髪も目立つ年齢だ。しかし「黒が大嫌い」だという梅宮は、どんなにカラーリングが大変でも髪をブリーチしてからヘアカラーで色素を入れる“ダブルカラー”を続けていきたいと綴っている。

コメント欄では、ダブルカラーを繰り返すことで「髪、痛みませんか?」と聞かれているが、梅宮は「綺麗な髪の毛に興味はない」とバッサリ。またブリーチ中に感じる頭皮の痛みは“地獄”だとしながらも、「美は苦痛の何ものでもありませんね」と言い切っている。

(おわり)

この投稿をInstagramで見る

その時その時の気分にあったモノを選ぶ。。 心。。元気ある時、、ない時、、 肌も一緒です😊🌟 毎日、基礎化粧品や、コスメと向き合っていると、 色々思うことや、感じる事は、中身も大事ですが、ビジュアルも大事だと私は思う。。 デザインって大事でね。。 今回ご紹介するアイテムは、こちら💁‍♀️ @slowbliss_official の、🌟🌟ボディケアなのー ✨✨ 因みに、全身使えます ✨✨👍 髪の毛にも、、 中身の色が可愛い💕💕💕 デザインなんて可愛いんでしょ💕 気分が明るくなりますね 🌟🌟 シェイクすると、混ざって 置くと二層になって✨✨✨✨😊 ボディにも美容液ですよー。 詳しくは、 @slowbliss_official に飛んでみてね🌟🌟🌟🌟 #bodycare #ボディケア #slowbliss #天然由来成分

Anna Umemiyaさん(@annaumemiya)がシェアした投稿 –

//www.instagram.com/embed.js

https://platform.twitter.com/widgets.js





//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: 芸能さくらch