相互RSS


【尾木ママ】「eスポーツ」を疑問視「どうしてスポーツなのか」「ゲーム依存症の心配の方が大きい」

尾木ママ恫喝教師に下劣野卑「即刻やめて頂きたい」 – 日刊スポーツ
尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が、茨城県高萩市の市立中学3年の女子生徒(15)が所属する卓球部顧問の男性教諭から暴言を受けるなどした後に自殺したこ …
(出典:日刊スポーツ)
尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 – )は、日本の教育評論家。法政大学特任教授。臨床教育研究所「虹」主宰。血液型はA型。愛称は、「尾木ママ」。 滋賀県坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれ。高松第一高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、高校・中学校教諭、東京大学教育学部非常勤講師などを歴任
37キロバイト (5,453 語) – 2019年2月26日 (火) 08:31

(出典 be-power.jp)
そうかもしれない、意見もあるね。

1 Egg ★ :2019/05/14(火) 14:33:24.37 ID:HgXuVw2e9.net

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が14日までに自身のブログを更新し、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」に「どうしてスポーツなのか」と疑問を呈した。

 ゲームを使った対戦をスポーツとして捉えたeスポーツ。昨夏のアジア大会(ジャカルタ)で公開競技として導入され、サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で日本代表が金メダルを獲得。今年年9月に茨城で行われる第74回国民体育大会「いきいき茨城国体」では「文化プログラム」としてeスポーツが都道府県対抗種目になることも決まっている。

 尾木ママは「どうしてゲームがスポーツなのか!?」のタイトルで記事をアップし、「eスポーツ どうしてスポーツなのかな~尾木ママには、単なる大型の【ゲームの大会】にしか見えない!高校eスポーツ大会の映像を見てもオンラインゲームのチーム戦にしか見えない!」と率直な感想を吐露。「ゲーム依存症の心配の方が大きいですーー」とつづった。

 さらに「脳への影響も科学的にも明らかなのに その疑問報道見ても少しも解消されませんでしたーー尾木ママの理解力がないのかしら?」とつづり、「世界保健機構が昨年6月にゲーム障害を疾病認定したことはどう理解するのでしょうか?WHOに圧力をかけるアメリカの大手ゲーム業界の動きーーなんだかなぁ~とても割り切れないです、、大丈夫かしら?心配」と複雑な思いを記していた。

5/14(火) 11:14配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000044-sph-ent

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)

1 Egg ★ 2019/05/14(火) 11:21:09.96
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557800469/

続きを読む

Source: X線室